スマホ

ipadアプリ開発や先進技術の知識白書~ITテクライフ~

M2MとIoTの関係性

IT

最近よく聞くワードとしてM2MやIoTなどがあります。M2MやIoTはどちらもインターネットという技術とデバイスに関連する技術で、M2Mを実現させるためにはIoTが成熟している必要があります。そもそもIoTやM2Mという概念が登場した理由には、人とデバイスとの繋がりにインターネットが欠かすことができなくなっているという状況があります。私たちは普段何事もなく様々な情報デバイスを利用しているわけですが、そこには必ずと言っていいほどインターネットというモノがあります。例えばスマホを用いたとしても常にオンラインの状況がありますし、PCをに関しても常にオンラインです。テレビに関しても最近ではインターネットを接続する機会がありますし、ウエラブルデバイスの登場でそれらデバイスを身につけるようにもなりました。つまりデバイスを必要とする理由は全てインターネットに関係していて、インターネットはもはやなくすことは出来ない状況にあるわけです。
IoTはそんな状況をさらに進めた未来の人とデバイスとの関係を示唆するような技術で、全てのモノにインターネットが接続されている環境を作ってしまおうという概念になります。これによって私たちはもはや特定のデバイスを必要としないインターネット接続が可能になり、いつでもどこでも必要な情報が必要な時に入手することが可能になります。IoTが成熟した段階で可能になる事にM2Mがあります。M2Mはマシンツーマシンの略で、簡単に言うとデバイス同士で能動的な通信と行動を行うという技術です。イネットワークが接続されているデバイスであれば現在でもM2Mという事は可能ですが、IoTが成熟した頃のM2Mとは現代のM2Mとはまた異なった存在意義が出てくるでしょう。例えば住宅で言えば掃除や家事という事が全く不要になる可能性があります。住宅もモノであり住宅にもインターネットが接続されているとすれば、各箇所にセンサーを取り付けることでリアルタイムに汚れの状態を把握することができるようになるでしょう。当然掃除機などもインターネットがつながっているわけなので住宅と掃除機が通信し合い、自動的に掃除機掛けを行うことが容易に想像できます。食器に関しても一定値貯まれば自動的に洗ってくれるでしょうし、今現在でも自動食器洗い機がある以上簡単に実現できます。外出する際も鍵など持たずとも住宅内部の状態を把握しているため自動施錠が出来るでしょうし、帰宅時間になればGPSと連携して自動施錠も出来ます。このようにIoTとM2Mは技術的に非常に密接な関係を持っていて、これからの人とデバイスとのつきあい方を考えさせてくれる技術と言えるでしょう。